東京の男性風俗求人

風俗の求人で獲得したい男性のタイプ

男性風俗求人

高収入を得られる男性の特徴とは

人気風俗グループの店長に求人で欲しい男性に関してインタビューしてきました!
面接で絶対に合格したい男性は必見の内容です。

男性向け風俗求人はアイデアのある人が活躍できる

私は以前、東京にある大手風俗グループの系列店で店長をしていましたが、今は大阪の風俗グループ店の店長をしています。そんな私が東京と大阪を比べてみて思うこと。まず東京の方が稼げていたということです。私が現在働いているお店は大阪の中でも上位の売り上げを叩きだしている繁盛店ですが、以前働いていた東京の風俗店に比べると「儲かっていない」と思ってしまいます。私なりに東京と大阪の違いを考えてみると、利用するお客さんの資金力の差があると感じられました。まず東京と大阪はそれぞれ地域の中心と言える地域ではありますが、平均の給料額は東京の方が高いと言われています。そのため潤沢に資金のある人は東京の方が多く、リピーターを掴みやすいためそれが売上に影響しているというイメージです。そこを踏まえて大阪で風俗店の店長をしている私としては、リピーターを増やすためにどうすべきかということが今の課題だと考えています。男性向けの求人ではそのためのアイデアがある人が応募してくれると嬉しいですね。

出稼ぎの女の子に対応できる男性が必要

大阪の風俗店で働く女の子の中には、関西に住んでいる子だけでなく中国・四国・北信越といった地域から出てくる子も少なくありません。そのため働いている女の子の中には「出稼ぎ」という形で地方から出てきている子も多いですね。私は大阪の風俗店で店長をする前、「大阪や関西の女の子が多い」というイメージがありました。難波や梅田の風俗店に行けば関西弁で話す女の子が多いと思っていましたが、私のお店には関西弁ではなく地方の方言を操る人も多いです。店長をしてみて分かったのですが、求人で応募してくる女の子はそういう地方からの出稼ぎ希望という人も多いことに驚かされましたね。男性スタッフとして入ってきてくれる人は、違う地域から来た女の子に対応できる人が良いですね。

必要なのはお客さんの目線で考えられる男性スタッフ

東京の風俗店で店長をしていた私が、大阪の風俗店で働いて感じたことはwebページに対する意識です。現在風俗を利用するお客さんはスマホでお店を調べる人も多く、色々な風俗情報サイトに掲載している・ホームページのデザインが良いといったことが風俗店には必要となります。しかし大阪は東京に比べてそのようなことについての意識が低いお店も多く、あまり良くないデザインのホームページも多いと感じますね。でもお客さんはそういったことには敏感なので、ホームページの内容でお客さんの量が変わることもあります。そうならないためにも、男性スタッフの求人に応募して来る人には必要最低限のセンス・ホームページの内容や構成についてのお客さんの目線があると良いですね。

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply